【得意なことがわからない】フリーター向けのオススメ本

フリーター×本

「得意なこと、人よりできることが分からない…」

というのは、フリーターが抱える3大悩みの1つだと勝手に思っています。

毎日同じ単純作業を繰り返して、何のスキルも積み上がっていかない日々を過ごしていると、特にそう考えてしまいがちです。

けれども、誰にでも得意なことはあるんだけれど、それが当たり前過ぎて気づかないと考えています。

自分には得意なこと、強みなんて何もないと考えているフリーターの方にオススメの内容です。

当たり前過ぎて気づかないのは、利き手と同じ

普段利き手について考えたりすることはありますか?

字を書くのも、箸を持つのも、利き手であれば何の不自由もなく出来るかと思いますが、これが自分の強みだなんて思わないですよね。できて当たり前だし。

この感覚と得意なことの感覚はとてもよく似ています。

自分では息を吸うように簡単にできることでも、他の人にとっては難しいと感じることは、実は結構あるんです。

たとえば、僕は清掃の仕事をメインにしているんですが、他のスタッフの様子を見ていると「チェック不足」が多いなと感じています。

たいていチェック表が用意されていて、それを全て確認していけば問題なく完了します。

が、確認が甘かったり、自己流でやってしまう人は大抵抜けがあって、クレームが発生するケースが多いです。

僕にとって、決められた手順でミスや抜けがなく作業をすることは、まさに息を吸うようにできることです。

なので、なぜこんなことでミスをするスタッフがいるのか全くわかりませんでした。

でも、これは実は自分の得意なこと、強みなんです。まさに当たり前過ぎて、気づかなかったんです。

得意なことは、他者から認められないと気づかない

日本は謙遜の文化が強いですし、あまり表立って人を褒めたりすることって少ない気がします。

特にフリーターは一定の研修を経れば、誰でもできる仕事を割り振られているので、尚更そう感じるのかもしれません。

・在庫管理は得意で、品切はめったに起こさない

・レジ打ちはスピーディーにできる

・精算業務、閉店作業をテキパキ行える

こういったところにも、その人なりの得意なことや強みが隠れているのですが、これらを認めてくれる人は少ないです。

そして何よりも、本人がそんなことはできて当たり前だと思っています。

その結果、自分には得意なことが何もないと悩むんです。

他人から評価されることが、強みになる

仕事の結果は、自分以外の誰かが評価するものです。いくら自分が頑張ったと思ったところで、相手が評価してくれなければ意味がありません。

相手が満足してくれることが、仕事においての自分の強みになります。

自己満足の仕事はジャイアンのリサイタルのようなイメージで、全く意味がありません。

僕は仕事をしていて、他の人からよい評価されるという経験がほとんどありませんでした。

・新卒で入った人材系の会社は営業の仕事が合わなすぎて全く成果を出せず、半年で退職

・その後に入ったリラクゼーションの会社も、仕事内容や人間関係がうまくいかず、うつ病を発症して退職

と自分の得意なことや強みを発揮できず、仕事がうまくいかないと常に感じていました。

なのでフリーターになってからは、尚更それを追い求めていた気がします。

が、先ほども言った通り、他人からよいと評価される経験は、フリーターではなかなか得られるものではありません。

たとえよい評価を言われたとしても、フリーターという立場で自信をなくしているケースも多いです。

そのため「自分なんて」と謙遜(否定)してしまい、納得して自分よ強みだと思えることなんて、ほとんどなくなってしまいます。

八方塞がりですね。

そんなときにたまたま出会ったのがストレングスファインダーでした。

客観的に自分の強みを考えるきっかけを与えてくれるツール

ストレングスファインダーを最初に見かけたときはうさん臭いなぁと思っていましたし、費用(2,000円弱)もかかります。

なのでしばらく放置していたのですが、その頃勝間和代さんの本をよく読んでおり、たびたび登場してくる言葉だったので、試しにやってみることにしました。

感想としては、受けてよかったです。むしろもっと早く受けておくべきとすら思いました。

簡単に説明すると、ストレングスファインダーは人の強みを34個に分けて、その上位5つを教えてくれるものです。

自分が当たり前だと思っていたことが、実は強みであると気づくきっかけを与えてくれるのが、メリットの1つです。

僕の資質を自分で分析してみたので、興味がある方はこちらからどうぞ。

ただ難点としては

・洋書の翻訳のため、強みの説明がややわかりづらい

・結果を受けて自分で振り返って考える必要がある

の2点があげられます。が、客観的に自分の強みを考えるきっかけになるのは間違いありません。

強み迷子になっているフリーターはぜひオススメします。

書籍を買うとアクセスコードが付いているので、それをオンライン上で入力すれば受けられるようになっています。

注意点としては、中古や図書館で借りるとほぼ確実に使われているので、必ず新品を購入するようにして下さいね。



 

コメント