細々した事務作業は得意・不得意が大きい

民泊やシェアハウス清掃の場合、足りない備品を購入することがよくある。たいてい1ヶ月単位で会社請求するのだが、それなりの量になる。

そこに加えて、かかった交通費も計算しないといけないので、月末になるとけっこう面倒くさいと思う。

が、僕はこういった作業は苦になりにくいタイプだと感じている。

一時的とはいえ自腹を切っているワケだし、請求金額が足りなかった事態は避けたい思惑もあるのだけれど。

が、少なくない人が

経費精算→めんどくさい→放置している間に忘れる→締切が過ぎ、経理から催促→しぶしぶやるも、ミスが発覚しやり直し→ますますめんどくさくなる

というループに陥るらしい。

確かに一度に全部やろうとすると面倒くさいけど、毎日使った分をまとめておけば、それほどの手間ではないと思うのだけれど。

決まったルーティンをこなすことは、僕は人より優位性があるようだ。

この時にふと思いだしたのが、スマホゲーのデイリーミッションを毎日こなせる人は、社畜適正が高いという意見だった。

たしかにあれが面倒くさいと感じる人も一定数いるみたいで、モチベーションが下がって辞める人も多いと聞く。

僕はそのスマホゲーがつまらないと感じても、何だかんだでデイリーミッションは確実にこなすタイプだ。

モチベーションが下がっていても、ルーチンで決まっていたら面倒くさくてもやる。

こういったところにも、人との優位性が隠れているみたいだ。

コメント