確定申告をやってみて思うこと

フリーター日記

先ほど確定申告をやり終えた。

今年で3回目なのでだいぶ慣れたが、どうして「確定申告」に関する事を義務教育にしないかと毎度思う。

だいぶ簡素化されたとはいえ、やっぱり難しいよ?よくわからない言葉も多いし、初めてやる人にとってはハードル高い。

この国の姿勢からは

「国民には税について、できるだけ無知であって欲しい」

という思惑が見え隠れする。そりゃー、国にとってはサラリーマンから天引きするのが一番楽なワケだから、それを維持したいと思うよね。

けどこれからは副業したり複数の会社で働く人が増えていくから、確定申告をはじめ、税金に関する知識を教えるべきだと思うんだよね。

そんな中気になっているのが、都内で税理士をしている大河内薫さん。voicyで初めて知ったんだけど、税金に関することを義務教育にするべく、頑張っている人みたい。

すごーくイケボなんだよね。顔もイケメンだし、ほんと羨ましい限り。

最近は学校に教えに行ったりと、精力的に活動をされているし、自分の掲げた目標に向かって頑張っている姿はいいなぁと思ってる。

確定申告についてもいろいろ話しているので、興味がある人はぜひ聞いてみてほしい。

大河内薫@税理士「大河内薫マネリテ戦略室ラジオ」/ Voicy - 音声プラットフォーム
日本のお金の教育を変えるために活動しています。 僕たちは毎日必ずお金を使うのに、学校で何かを教わることはありません。でもそれって絶対におかしい!!という想いから、お金の教育を義務教育に導入するために生きています。学校現場で実際にお金の授業もしています。 Voicyでは、日本人が全員知っておくべきお金の本質的な話をし...

 

コメント