将来が不安なフリーターが取るべき道は2つだけ

フリーターの悩み

「このままフリーターを続けていて、将来どうしよう」

と不安になることは多い。フリーター歴が長くなれば長くなるほど、その不安に襲われやすい。

焦って就活をはじめても書類選考すら通らず、ますます自信を無くしていく。そんな悪循環にハマると、生きることすら嫌になることもある。

将来が不安なフリーターが取るべき道は2つ。

①職場で人一倍働き、そこから正社員を目指す

②起業して、自分の力で稼げるようにする

どちらも決して簡単ではない。というより、簡単ではないからこそ

「どちらかを選ぶ」

という選択をしないと、どちらも達成できない。

正社員として働いていきたいのか?

それとも自分の力で稼げるようになっていきたいのか?

自分はどっちを望んでいるのか、改めて自分に問いかける必要がある。

僕たちのエネルギーは限られている。特にフリーターは長時間労働に加え、不安や悩みでエネルギーの余裕がない。だからこそ

「どちらかを選ぶ」

ことの重要性が高まっている。

★★★

バイトや派遣先で正社員になった人を何人か見てきたが、彼らに共通することがあった。

それは、バイトとしての仕事が出来ることはもちろん、高いコミュニケーション能力、そして本人もやる気があるというか、仕事と本人のやりたいことが一致していることがあげられる。

これは正直ハードルが高い。

仕事自体は長く続けていれば、問題なくできる場合がほとんどだと思うが、上司、同僚、お客さんにフラットな形でコミュニケーションを取ることは、難しい。というか、少なくとも僕には無理だった。

フリーターは世間から見ると好ましい状態ではないとされているので、つい「この人は自分のことをどう思っているのだろう」と考えてしまい、うまく人に心を開けなくなる傾向があると思っている。周りの目が人一倍気になってしまうのだ。

そして何よりも難しいのが自分のやりたいことがはっきりしていること。これがわかっていたら、フリーターは続けていない。

「本気になってやりたい!」

と思えることを見つけるたいと思うからこそ、フリーターを続けているからだ。

だから、正直なところバイトから社員というルートは極めて限定的というか、自分のビジョンがしっかりしている人が通る道であり、やりたいことを探しているフリーターにとっては難しい道だといえる。

★★★

起業というとハードルがものすごく高く聞こえるので、副業と言った方がいいかもしれない。

僕はブログのアフィリエイトやココナラ、クラウドワークスをしたことがあるが、想像以上に稼げないことに驚いた。

アフィリエイトは1円の収益を上げることすら難しいし、ココナラはお客さんとの対応に時間がかかるし、クラウドワークスは時給換算すると10円とかだったりと、最初はとにかく生産性が悪い。

そんな状態なので

「やる意味ある?普通にバイトした方が稼げるじゃん」

となって、止めてしまう。僕は常に「止める理由」を探してしまうので、何も身につかないのだ。

でも、これはしょうがない。これが自分だから。ダメな自分はダメな所を含めて、しょうがないんだと認めてあげる。そうすると、少しだけ心が軽くなる。

とまぁ、話が脱線したが、要は会社に頼らずに稼ぐことは、最初が一番難しいと思う。0から1にするのは本当に大変。

大変だからこそ、そこに僕たちの限られた時間や労力を集中しないと、いつまでも自分の力で稼げるようにはならないと思うのだ。

「今自分のエネルギーを集中しないといけない場所はどこなのか?」

そんなことを教えてくれた本がこちら。



 

コメント