最上志向を使いこなす

強みの研究(ストレングスファインダー)

最上志向の使いこなしでいいなぁと思ったのが

「尊敬する人の真似をする」

ことが上手な人が多いんですね。最上思考は、よりいいものに改善することがモチベーションになっていきますから

・この人いいなぁ、すごいな

・この人みたいになりたい

と思えれば、スポンジが水を吸うように考え方や知識を吸収できます。

真似をすると聞くと、少しネガティブなイメージがあるかもしれないですけど、身につけたい習慣や考え方がある時はすごく役に立ちます。

最近僕は勝間和代さんのサポートメール(メルマガ)で言語能力を高めるためにおすすめされていた「独り言」を実践しています。

言語能力を高めることと独り言が何の関係あるのと思う方もいるかもしれませんが、独り言を言うと

「あ、自分はこういうことを考えていたんだ」

と新しい気付きが得られることがあります。ただ頭の中で考えているより、はっきりと自分の気持ちや考えを理解できる印象があります。

言語化能力が今すごく大事になっていると思っていて、例えば人気が出てきているyoutuberを見ていると、共通するのが、彼らは言語化するのが上手いと思うんです。

「あ、そうそう!それそういう風に思ってた」

「その気持ち、わかる〜」

自分が考えていたことや、モヤモヤして言語化されていないことを代弁してくれると、その人に好意を持つんだなーと考えてます。

★★★

ともあれ、最上志向が上位にある方は

「この人みたいになりたい!」

と思ったら、徹底的に真似てみるのもいいかもしれません。


コメント