現役フリーターが語る「フリーターを続けるとヤバい4つの理由」

フリーターの悩み

・やりたいことが見つからない

・ブラック企業でメンタルを壊して、正社員で働く自信がなくなった

・自分が出来る仕事がわからない

けれど、生活のためには働かないといけない。そんな理由で僕はフリーターを5年も続けてしまっています。

ただ、フリーターを長く続ければ続けるほど

「これはヤバい」

と思うことがどんどんでてきます。それは5年の間に、僕が痛いほど感じました。

もちろん、俳優や声優、ダンサーになりたいなど、何かしらの目的があるのであれば、フリーターでも全然構わないと思います。

ただし、目的もなくズルズルと続けているのであれば注意した方がいいです。

30を越えると、正社員としての就職が難しくなる

これはヒシヒシと感じました。僕も一時期マズいと思い、正社員としてまた働こうと、31歳の頃に就職活動をしていました。

ところが、書類選考さえ全然通らないんです。未経験、年齢不問といいつつも、大勢の人が応募しているでしょうから、やはりフリーターの期間があると厳しい印象を受けました。

20社くらい応募して、書類が通ったのは1社だけでした。

そこは「総務」の仕事だったので応募したんですが、実際は「営業」の仕事だったんですよね。

話を聞くと

「まずは営業の仕事をしてもらって、成果を出したら総務の仕事をしてもらう予定なんですよ」

とのこと。

おそらく営業職としてだと人が応募してこないので、苦肉の策でそうしてるのだと思いますが。。。

まぁ、そんなことをする会社ってどうなの?と思っちゃいますよね。

ともあれ、フリーター歴が長くなると、こんな感じの職場にしか引っかからなくなります。

スキルが身につかない

フリーター=単なる労働力

としてしか見られないので、長く続けたからといって、特別なスキルが身につくことはほとんどありません。

僕もひたすら清掃の仕事を続けているので、掃除のスキルは多少上がったように思いますが、他に活かせるものかと言われると甚だ疑問です。

会社としても、決められた仕事さえきっちりこなしてくれればいい、くらいしか思わないので、アルバイトに特別に研修が組まれることはほとんどありません。

自信がなくなってくる

上で話した就職先が見つからない、スキルが身につかないことに繋がるのですが、これが続くと自信がなくなってきます。

・友だちは正社員として役職に就いているのに、自分は未だに誰でもできるような仕事を続けている

・こんな自分は、社会に必要とされていないんじゃないか

・何のために生きているのか、わからなくなってきた

など、自分の存在価値まで疑い始めて、メンタル面でも落ち込むことが増えてきます。

ふとしたときに考えてしまうので、これが続くと結構しんどいです。

収入が少ない、不安定

働いた時間に収入が比例するので、限界がある上に、体力的にもかなり消耗します。

僕の場合、一番働いていたときで手取り20万くらいでしょうかね。

だいたいこんな感じで働いてました。

月・火・水・金

朝11時〜14時頃まで民泊清掃 1200円×3時間=3600円

15時〜23時30までジム清掃

1100円×7.5時間=8250円

計 11850円

 

木・土

朝11時〜17時頃まで

民泊清掃 1200円×6時間=7200円

 

日曜日は休みにしていましたが、平日はほとんど10時間を越えて働いていました。移動や準備を含めると、半日は仕事に費やしていましたね。

忙しい職場の正社員なら、もっと働いている人も多いと思います。けれど、僕の場合はこれだけ働いても20万ほどしか稼ぐことができませんでした。

1人で暮らすなら、なんとかなる金額ですが、結婚したり子どもを育てるには不十分ですよね。

さらにコロナの影響で、ジム清掃のスポーツジムは2ヶ月閉鎖。民泊清掃は件数が激減して、仕事が無くなるという事態も起こりました。

結果収入も激減しました。4〜6月は5万円ほどしか収入がなく、貯金を切り崩す事態になっています。

時給で働く不安定さは、こういった不測の出来事にも大きな影響を受けるなと実感しました。

 

正社員に戻るつもりなら、早めに動いた方がいい!

フリーター期間が長ければ長いほど、書類選考で落とされる可能性が高くなりますし、30歳を越えたあたりから、尚更厳しくなります。

そしてコロナで多くの人が実感したと思いますが、時給制で働くことの不安定さ。

終息するのはまだまだ時間がかかると予想されているので、今回で苦境に立たされた人は、自分の身の振り方を考える時期なのかもしれません。

20代なら、まだ間に合う!

僕の場合30歳を越えてからのスタートだったので、かなり厳しい状況でした。

けれど、20代のうちなら使えるサービスって結構あるんです。ウズキャリもそのサービスの1つですね。

特徴としては

・選考企業毎にカスタマイズされた面接対策を無制限に実施など、きめ細かいサポートにより、83%が1社以上の内定を得ている

・キャリアカウンセラー全員が、元既卒、第2新卒なので、悩みを相談しやすい

・独自の基準によってブラック企業を排除し、このサービスからの入社定着率93%越え

利用するのにお金はかからないので、登録だけしてみるのも手かもしれません。一番よくないのは、ダラダラと時を過ごすことで、機会がどんどん狭まっていくことだと僕は感じています。

 

 

 

 

 

 

 

コメント